ファネル分析/マーケティングとは?潜在顧客→見込み客→売上への導線

ファネルマーケティング

ふきげん猫ちび

なんか最近「ファネル」っていう言葉を聞くんだけど、ファネルってなに?
ファネルはいろいろな意味があるのだけど、分かりやすい例で言うとユーザーがサイト訪問してから商品を購入するまでの一連の流れのことかな。カスタマージャーニーと似ているね。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

ふーん。で、食べれるの?
実はこのファネルというのは、マーケティングにおいて超重要なんだ。Tofu、Mofu、Bofuって聞いたことある?

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

知ってるよ。豆腐、毛布、暴風。豆腐は食べれるね。
。。。。詳しく説明するから、読んでみてくれよな。

世界のヘイショー

Tofu / Mofu / Bofuとは?

  • ファネルの始まり
    Top of the Funnel(Tofu)
    潜在顧客を獲得するステージ
  • ファネルの真ん中
    Middle of the Funnel(Mofu)
    見込み客を教育して顕在顧客にするステージ
  • ファネルの終わり
    Bottom of the Funnel(Bofu)
    顕在顧客を成約させるステージ
つまり、ちゃんと手順を踏みましょうということ。ちびがもし道端でいきなりオス猫から「結婚してください」って言われたらどう思う?

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

びっくりして逃げちゃうかも。。
Webの世界も同じで、ページを訪問していきなり「買ってください」という雰囲気がぷんぷんしてたら嫌だよね。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

うん、詐欺かな~と思うよね。
自分のサイトに訪問してもらったら、訪問する人の悩みを解決してあげつつ、自分の良さをさりげなくアピールすることが重要なんだ。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

腹黒いな。
。。。(いちいちうるさいな。)

世界のヘイショー

ケーススタディ①
リストビルディング→メルマガ

ブログなどでよく「Eメール登録をお願いします」と書かれていることをよく見るよね。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

よく見るね~。最近はLine@とかも多くなってきてる気がする。
この戦略は典型的なTofu/Mofu/Bofuの例だね。Tofu=メルマガ登録、Mofu=Eメール配信でファンになってもらう、Bofu=Eメールで売りたい商品やサービスを紹介する、みたいな感じ。

世界のヘイショー

ケーススタディ②  – アフィリエイトの場合
ランディングページ → ストーリー → セリングページ or マネーサイト

あまり公開したくなかったんだけど、僕が運営している海外就職ブログでのCVファネルの一つを紹介するよ。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

うまく作ったね~。
ファネルマーケティングの良いところは、競争の激しいキーワードを避けれるところ。アフィリエイターの中には「外資系 転職」とか「おすすめ 転職 エージェント」みないな今すぐキーワードを狙う人がいるけど、これらのキーワードは上位に来ても競争が激しいからすぐに順位が落ちる。だからメンテに時間を割きたくない人は、成約から遠いキーワードを狙って、CVファネルに誘導する。そうすると不労所得がどんどん増えていくから。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

不労所得?メンテ不要?いいじゃないですか。

ケーススタディ③ ECサイトの場合
トップページ → ストーリー → セリングページ or マネーサイト

ECサイトでもこのテクニックは使えるよ。アップルのサイトを見てみようか。

世界のヘイショー

  • Top of the Funnel(Tofu)
    アップルのようなブランド力のあるサイトは、トップページのトラフィックがばかでかいことが多いです。このような場合、トップページからのCVファネルを強化すればサイト全体のCVRが上がります。
  • Middle of the Funnel(Mofu)
    高額商品や複雑なサービスを販売する場合、Mofuのクオリティが重要になります。LPOを参考にするとよいかも。
  • Bottom of the Funnel(Bofu)
    製品ページはスペックや保証など、必要な情報を簡潔にまとめたページ。ECサイトの場合は、手順を踏んでここに誘導することが重要なキー。

ふきげん猫ちび

アップルのページかっこいいね~。
アップルのサイトは神サイトの一つだから、いろんなマーケターが参考にしてるね。

世界のヘイショー

まとめ

ふきげん猫ちび

ところで、Tofu / Mofu / Bofuって響きが日本語っぽいよね。
たしかに。Neil Patelのpodcastでこの言葉を初めて聞いたんだけど、はじめは日本語かと思った!

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

たしかにあのPodcastではSumoとかNinjaとかSamuraiとか、変な日本語がいっぱい出てくるね。Ericは日本の高級ホテルに泊まったとき「これぞ究極のUXだ」と感嘆していたみたいだし。アメリカ人マーケターは日本が好きなのかな笑。
たしかに日本のサービス精神は異様にレベル高いから、これをデジタルマーケティングとかUXに生かすと凄いレベルに到達できるかも!

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

世界にはばたきましょう。
Let’s Samurai.(意味不明)

世界のヘイショー

この頃は、ふきげん猫ちびが将来デジタルマーティング界のメッシと呼ばれることになろうこととは誰も知る由がなかった。

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。