個人ブロガーに朗報!長文+追記による最強SEO対策が業界に与える影響

最近のウェブ業界のビッグニュースと言えば、下記エントリーを皮切りに話題を振りまいている「長文+追記」によるSEO対策の話でしょう。

アフィリエイトやブログをやっている人は薄々感づいていた方も多いかもしれません。とはいえ、「なんとなく記事はボリューミーな方がいいかな」とか「とりあえず1000〜2000文字以上書いておけばOK」という程度の認識でいた方が多かったのではないでしょうか。

今回のニュースをきっかけに、「出来るだけ長く書こう」という確固たる方向性を持ち始める人が多くなりそうな予感です。

長文+追記SEOを成功させているサイト

私が確認した長文+追記SEOの成功事例は下記の通り

いづれもドメインレベルがそんなに強くない弱小サイトでです。という事は、この手法を用いれば個人ブログなどでもビッグキーワードを獲得することは可能ということ。ブロガーにとっては夢の広がる話ですね!

 

個人的な経験で言うと

私が今まで書いてきたブログの中で、ある程度いいキーワード順位を獲得できた記事はやはり長文のものでした。

読み返してみると、これらの記事は他の記事と比較して特別内容がおもしろい訳ではなく、ただ単に文字数が多かっただけのように思えます。

 

アフィリエイトサイトを運営していた時の話

上記の個人ブログ以外にも、スポーツ系のアフィリエイトブログを運営していたことがありました。この時は文字数1000〜3000文字程度の記事を週4日アップするという事を行っていたのですが、ブログ開設後3ヶ月目で月間1万PV達成、4ヶ月目で月間10万PVを達成しました。(この時はソーシャルは全く活用しておらず、検索からの流入が全てでした。)

しかし内容は、頑張っておもしろい内容を書いていた訳ではありません。要するに、ただただ週4日のペースである程度のボリュームの記事をアップし続けていただけで、ある程度のアクセスが稼げたということです。

これは正しいブログのプラットフォームを用いて、Webライティングの基礎を少しかじっているような人であれば誰でも可能な数字であると思います。

 

Googleによる取り締まりはあるのか

過去を振り返ると、作為的なSEO対策はGoogleが検索エンジン・アルゴリズムのアップデートにより阻止する傾向がありましたが、今回の手法についてはどうなることでしょうか。

例えば上記の3つの成功事例の記事はある意味狙いまくっている記事ではありますが、検索されるキーワードに大して確かに有意義な情報を掲載しています。(通販のサイトは若干スパミーな内容ですが。)ということは、そもそもGoogleにとって取り締まる必要が無く、むしろ歓迎されている内容であるのかもしれません。

ただし前々から言われているように、いずれは記事のクオリティーを精査するようなアップデートがあると思われます。例えば著作者のランクを評価基準に加えるなど。

という事で、息の長い記事を作りたいのであれば、質の伴った記事を書く必要がありそうですね。

 

今後のウェブ業界に及ぼされる影響

ブログブームがさらに加速する

以前からサイト運営にブログを活用する企業が増えていましたが、今後はこの流れがさらに加速しそうです。Googleのスパムサイト撲滅運動によって大手企業にしか資格の与えられなかったビッグキーワードが、小さな会社の個人ブログでも十分に狙えるチャンスがあるという事が証明された訳ですから。

当然のことながら長文記事はロングテールによる検索流入も多いはずなので、不発に終わる可能性も低いと思います。

 

ライターの需要が増える

長文記事の需要が増えるに伴ってライターの需要も増える = ライターの記事単価が上がることになるかもしれません。自分で一万文字の記事を書くよりも、誰かを雇って書いてもらう方が圧倒的に楽ですからね。

求められるライターはと言うと、ある程度のクオリティの長文記事をコンスタントに提出できる方が重宝されると思われます。ランサーズなどのクラウドソーシングではすでにライターの単価が数年前から上がり続けていますが、今後も継続されそうですね。

 

さて、今回の記事では長文になるように頑張ってみましたが。。

今回の記事の文字数をカウントすると、たったの2000文字ちょっとでした。やはり長文を書くのはすごく大変です。。今までであれば、うまく書けない、または表現できないような内容は省略してきたのですが、長文を書こうとすると自分の持っている知識を全て載せなければならない。

また、長く書けば当然ミスや変な表現も多くなってしまいます。厳しい条件ですが、これもライターになる修行の一つだと捉えて頑張っていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。