うぇぶすくーるJP(Webマーケティング勉強会)の参加者募集中

特化サイト(ミニサイト)の作り方と雑記ブログとの比較

  • 特化サイトと雑記ブログって何が違うの?
  • ミニサイトって何?
  • 超特価サイトと雑記ブログのそれぞれのメリットとデメリットは何?

このような声にお応えするために、本日は以下の内容について解説します。

  • 特化ブログ、雑記ブログ、ミニサイトの違い
  • 比較表
  • それぞれのサンプル一覧
  • 特化ブログ、ミニサイトの制作手順

Webマーケティングを学んでいる人は一つくらいサイトを持って運営すると、学べることが多いのでおすすめです。

ヘイショー

どちらかと言うと、仕事というよりも趣味や勉強目的で作ることをおすすめします。

特化サイト(ミニサイト)とは?

ミニサイトも超特化サイトも同じ系統のWebサイトですが、一言で言うとトピックを絞ったナビゲーションの良い小規模情報サイトのことです。

ミニサイトという名称は和田亜希子さんという方が提唱したネーミングで、超特化サイトはナカジさんが提唱したネーミングです。

参考 【永久保存版】初心者でも稼げる超特化ブログの作り方【7つの手順】| アフィノオト

雑記ブログとは?

いわゆる普通のブログのことで、思いついた記事をランダムに投稿していくものになります。

参考 雑記ブログの作り方講座!初心者でも結果が出やすい運営方法5ステップ! | hitodeblog

特化サイトのサンプル

以下が有名な特化サイト(ブログ)です。

ヘイショー

こっちはしっかりした情報サイトっていう感じですね。

以下は超特価サイトです。ミニサイトとも呼ばれています。

特徴的としては、

  1. マニアックなトピックを主題にしている
  2. 体系的に情報が習得できるようなトップページの構成になっている

みたいな感じですかね。

特化サイトと雑記ブログを違いを比較

特化サイト雑記ブログ
デザイントップページのデザインは凝っているものが多いテンプレートが使われるので、似たようなデザインが多い
トピック作者の個性を生かした、マニアックなトピックが多いトレンド系、オピニオン系のトピックが多い
コンテンツ量コンパクト(10~50ページ)人気のブログは1000記事以上あることが多い
更新頻度各ページをしっかりメンテナンスする必要があるため、情報が古くなったら更新新規記事を一定の間隔で投稿する
集客力成功すればトピックの検索ボリュームに比例したトラフィックが見込まれる作者が有名になれば無限大に増える
マネタイズGoogleアドセンス、アフィリエイトプログラムなどGoogleアドセンス、アマゾン、楽天、オンラインサロンなどが多い

特化サイトの制作手順

  • 現状のネット検索では探しきれないようなニッチなテーマを探す
  • 企画書、サイト構成プランを作る
  • 作業を始める前にカテゴリー、タグ、書く記事の内容などを全てリストアップする
  • 短期間で仕上げるためにタイムラインもしっかり作る
  • 作業して、完成後は放置

作品を作りたい人などに向いているかもしれません。

特化サイトの戦略

個人的には、以下の方法を用いれば特化サイトでもある程度集客できる可能性はあるのではないか思っています。

  1. 集客力のあるブログがあればそこからリンクさせる
  2. 強いドメインのサイトを持っていれば、そのドメインのサブディレクトリまたはサブドメインでミニサイトを作る。
    →これによって初めからある程度のドメインランクでスタートを切ることが出来る。逆に新規ドメインでミニサイトを作成するのはかなり無謀。
  3. 新規ドメインから始める場合は、最初はブログ型にしてを記事を量産して後で特化サイトに分ける

特化サイトのメリット

特化サイトのメリットは以下の通り。

  • 自分の知識、Webサイト制作スキルを作品として残せる。後々にKindleで書籍化も可能。
  • 自分の専門性を生かすことが出来る
  • ブログの更新に追われる必要がない
  • 本格的なSEO知識が必要になる→Webマーケティングを学べる

まとめ

以上、ご精読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。