Naverまとめ人気記事の作り方。白タグ、Yahoo枠、Google検索SEOのコツ

naverまとめ

こんにちは、世界のヘイショーです。

日本のデジタルマーケティングで意外に役に立つのがこの「Naverまとめ」ですが、僕は仕事でこれを使うことが多々あったので過去にNaverまとめを極めたことがあります。

もしかしたらNaverまとめに対する知識に関しては日本でトップクラスの域に達しているかもしれません。

今日は僕が知っているNaverまとめの活用法から人気記事の作り方まで全部ここに書き留めたいと思いますので、参考にしてみてください。

活用法

被リンク構築用に

Naverまとめの一番の活用法はと言えば、被リンク構築用でしょう。

2018年4月現在、SEOの中で被リンクの要素がかなり強くなっています。

ただし条件付き。

その条件とは、

  1. リンクを送るサイトのドメインランクが強い
  2. リンクを送るサイトはPBN(自演サテライトブログ)ではない生きているサイト
  3. リンクを送るサイト(記事)と受けるサイトでトピックの関連性が高い

簡単に言うとこんな感じで、つまりドメインランクの強いメディアに寄稿するのが一番効率が良いのです(③は満たさないですが)。

で今簡単に寄稿が出来る権威性のあるメディアを選ぶとすると、Naverまとめが一番手に挙げられる、といった感じです。

Naverまとめのファン層へリーチ出来る

月間26億PVを稼いでいる超巨大メディアだけあって、何でもかんでもNaverまとめで調べようとする人は意外にいます。

メディアの特徴として各記事は上手くまとまっていて2〜3分で読めるように設計されており、プラットフォームとしての付加価値もあります。

よってこれらの層にリーチ出来るのも魅力です。

僕はNaverまとめを活用して集客していた時期があったのですが、月に1000〜1500程度のセッションを各自社サイトへ送っていました。

もちろんこれはノーメンテナンスで半永久的に続きます(Naverまとめが閉鎖されない限り)。

人気記事が出来上がるまでの流れ

白タグ、またはカテゴリーが付く

白タグ

記事を作る際に5つ程タグを選べると思いますが、質の高い記事を作るとこれらのタグが書き換えられ、いくつかのタグには白い色が付けられます。

普通のタグの色が薄いグレーなのでよく見ないと分かりませんが。

あとこれはレアですがカテゴリーが付く場合もあって、白タグと同様に記事に大きなアドバンテージをもたらしてくれます。

「お気に入り」が入る、または記事を更新する

naverまとめのトピック別検索画面

白タグがついたタグ別検索ページに限って、記事に「お気に入り」が入る、または記事の更新することによって検索順位がトップで表示されるようになります。記事のビュー数が伸びるメカニズムは基本これです。

  1. 書いた記事に白タグが付く
  2. お気に入りが入る(または記事を更新する)
  3. タグ別検索でトップ表示され、ビュー数が伸びる
  4. お気に入りが入る
  5. あとは3〜4の繰り返し

Yahoo検索のNaverまとめ枠に入る

YahooのNaverまとめ枠

Yahooの検索画面に、Naverまとめの記事3つが表示される枠があります。

これを「YahooのNaver枠」と呼んだりもしていますが、ここに表示される記事は大体カテゴリー別、またはタグ別検索画面の順位に連動しています(全く同じではありません)。

つまり上記に書いたタグ別検索ページでトップ表示されることによってこのYahooのNaver枠でも表示される可能性が高くなります。

しかも

ここからの流入はけっこうあります。

ただし検索ワードによってはこのYahooのNaver枠が表示されないケースがあるので、記事作成時に必ずターゲットキーワードを設定して、それにYahooのNaver枠があることを確認しておいた方が良いです。

被リンク、内部リンクが集まることによってGoogle検索に強くなる

上記のサイクルに入るとビュー数は自動的に増えていきますが、半年くらいするとGoogleからの流入も増えてきます。

これはなぜかと言うと理由が二つあって、⓵被リンクが集まる⓶内部リンクが集まる、この二つの要素が大きいです。

特にタグ別検索ページやカテゴリーページは強いページランクを持っていますので、これらから内部リンクが送られることはGoogleのSEOにとってかなり有利になります。

逆に白タグがつかないと内部リンクが当たらないので、ビュー数が伸びないカス記事が誕生します。

注目まとめに載ることでロケットスタートも

注目まとめ

その他に例外的にロケットスタートできる方法、それがこの注目まとめです。

公開した記事がNaverまとめのトップページやカテゴリーページに掲載され、公開当初にしてビュー数が爆発的に伸びます。

注目まとめに入る方法を調べたのですが、結局のところ分かりませんでした。

おそらく運営側の人がマニュアルで記事を選定しているのだと思います。

分かったのは以下の内容。

  • アカウントの古さ、記事数は関係ない
  • 記事のボリュームは関係ない(1ページの薄い内容でも入っていることはよくある)
  • タイトルはキャッチー
  • 画像の著作権が守られている

狙って出来るものではありませんが、多くの記事を公開していく内に何個かは当たると思います。

注目まとめに選らばれたら至急記事の強化を

注目まとめに選ばれると記事のビュー数が圧倒的に伸びるのですが、この時に記事の内容を強化しましょう。

お気に入りを稼いだり、被リンクを得る最大のチャンスになりますから。

記事作成のコツ

タイトルで釣る

Naverまとめの記事作成で一番大事なのがタイトル。

数ある記事の中から自分の記事をクリックしてもらわないといけないので、多少釣り気味でも良いので目立つタイトルをつける必要があります。

Naverまとめのトップページに並んでいる記事一覧を見ていると、どのようなタイトルが目立つのかが分かります。

ちなみに僕はブログのタイトルを決める際にもよくNaverまとめのサイトを参考にすることが多いです。

タイトルにキーワードを含める

Naverまとめ内でキーワード検索をする人もいるので、ある程度キーワードは詰める必要があります。

記事がヒットしてGoogle検索からの流入が増えるようになれば、さらにキーワードを盛ります。

アイキャッチ画像は目立つものを選ぶ

数あるまとめ記事の中から目立たさせないといけないので、アイキャッチ画像で目立つことはありです。

これはNaverまとめだけでなく楽天などでも言えますが。例えば以下のようなテクニックがあります。

  • 画像に枠をつける
  • ターゲットキーワードでサイト内検索をかけた時の他の記事のアイキャッチを見て、自分の記事のアイキャッチが目立っていることを確認する
  • 画像編集ソフトでコントラストを強くして色味を強くする
  • オリジナル画像を使う

紹介文

サイト内検索ではタイトルと紹介文の部分しか参照されないので、紹介文にはロングテール用のキーワードを盛る必要があります。

ちなみにこのGoogleのSEOでも有利に働くので、テクニックを磨いておいて損は無いと思います。

長いまとめを作る

今まで100個以上のまとめ記事を作ってきましたが、内容の濃いまとめ記事がヒットしやすい傾向にあります。

ページ分割数で言えば3〜5くらいは必要です。

ただし内容は濃密でないといけないので、簡潔にまとめた上で3〜5ページに渡ってしまうくらいの情報量を持っている必要があります。

見やすくするために、配置に規則性を持たせる

Naverまとめはコンポーネンツを組み合わせて記事を作っていくのですが、何も考えずに並べていくと構成がカオスみたいなことになります。

情報を分かりやすく届けるために、コンポーネンツの並べる順番は規則性を持たせた方が良いです。

例えばこんな感じ。

  1. 見出し(◆こういう記号を使って目立たせる)
  2. 写真 + 説明文
  3. 公式サイトへのリンク
  4. 動画
  5. 写真1
  6. 写真2
  7. 写真3
  8. 口コミ1(引用)
  9. 口コミ2(引用)
  10. 口コミ3(引用)
  11. 参考リンク1
  12. 参考リンク2

これを一つのブロックとして、あとはブロックを追加していくような感覚です。

トピックによって構成などは変わりますが、規則性を持たせてブロックを並べる感覚は同じだと思います。

収入

50万超えの記事を何個か作ったのですが、収入は全部で2万円くらいだったと思います。

自分の割いた労力を考えると全く割に合いません。

よって、Naverまとめからのコミッションで稼ごうとしている人は止めた方が良いでしょう。

稼ぐ方法があるとすれば、記事作成を代行すること。

または人気記事を作って企業などに売ることくらいでしょうか。

著作権について

よく話題になっている話ですが、最近は画像の無断使用などがかなり厳しく取り締まられます。

苦労して人気記事を作成したとしても、誰かが著作権侵害の通報をNaverにすれば記事が削除される可能性すらあります。

なのでこれからNaverまとめを頑張ろうとしている方は、引用や画像の流用に関しては必ず運営側の規定に従った方が良いです。

まとめ

まだまだ書くことがあるので、あとで追記していきます。

質問があればコメント欄へどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。