LINEグループ「Digital Marketing Japan」を始めました

Office365の購入を検討している方へ各料金プランを解説

Office365の購入を検討している方へ各料金プランを解説

こんにちは、世界のヘイショーです。

本日は、以下のような方々に向けて記事を書いていきます。

  • Office 365の導入を検討しているけど、どのプランを選ぶべきか分からない
  • 会社を経営しているが、Office 365を使う必要があるかどうか分からない
  • いろいろなサービスをサブスクリプションしているが、全部まとめられるOffice 365の方が良い気がしてきた

公式サイトを見るとプランがいろいろあって分かりにくいと思ったので、ここにまとめていきます。

参考 Office 365の料金ページ | Microsoft公式サイト

Office 365とは?

マイクロソフトが提供している、エクセルやパワーポイントが使えるようになるサービスのことです。

昔はエクセルやパワーポイントを高価な値段で購入してPCにインストールして使うだけだったのですが、最近は料金がサブスクリプション型(月額制)になりました。

Office 365に含まれているソフト、ツールは以下の通り。

ただ、サブスクライブするプランによって使えるツールが変わってきます。

Office 365の優位性

一番の特徴は、ビジネスに必要なツールが一通り揃っていることです。

これは優秀なサービスを買収できるほどの資金力があるマイクロソフトだからこそ出来る戦略です。

ちなみに僕が頻繁に使うOffice365のツールは以下の通り。

  • Outlook
  • Microsoft Teams
  • Planner
  • ToDo
  • Sharepoint、OneDrive
  • ワード、エクセル

これらのツールは連携しているので、なにかと便利です。

  • Outlookで仕事依頼のメールが来た時に、フラグを立てれば自動的にToDoに入る
  • Microsoft TeamsとPlannerを連携させて、1クリックでそれぞれにアクセスできるようにする

個人向けOffice 365 Soloと法人向けOffice 365 Businessの違い

その名の通り、一人で使う人はOffice 365 Solo、複数人で使う時はOffice 365 Businessが必要になります。

Office 365 Businessはチームでプロジェクト管理が出来るツール「Microsoft Teams」がついていたり、クラウドでファイルを共有する時の閲覧権限をチーム内に制限できたりします。

ちなみに社員数が5人以上のITに関わる会社であれば、ほとんどの会社はOffice 365 Businessに加入していると思います。

エクセルなどのソフトの永久ライセンス購入とサブスクリプション(月ごとの支払い)の違い

サブスクリプションは月ごとの支払いなので固定費が増えますが、Office365の本当の価値はオンラインのストレージとクラウドでのサービスだと思うので、もうこれは避けることができなくなってきたというのが現状です。

世界のヘイショー

逆にソフトの永久ライセンス購入は、もう必要ないのでは。。と思います。

Office 365 Businessの各プランの紹介

Office 365 Business

これで契約している人は多いような気がしますが。。

ただOfficeで一番優秀なSharepointとMicrosoft Teamsが使えないのは痛いです。

Office 365 Business Premium

全部含まれているので説明する必要はないと思いますが、お金に余裕があればこれをおすすめします。

Office 365 Essential

Office製品のオンラインバージョンに問題が無ければこれでも良いです。

ただエクセルのオンラインバージョンがすごく使いにくいので、あまりお勧めは出来ないです(一度試してみてください。)

Office 365 Business Premiumをおすすめする理由

結論から言うと、法人でビジネスを行う上で以下の4つのアイテムは必須だと考えています。

  • 1TBのクラウドのストレージ
  • Microsoft Teams(ビジネスチャット+ビデオ会議ツール)
  • Planner(タスク管理ツール)
  • エクセルなどのソフト

で、これら全部を月額1200円で利用できるのはコスパが良いです。

Googleが提供しているG Suiteも良いですが、G Suiteに1300円Slackに700円Asanaに1200円かけるのであれば僕はMicrosoftを選びます。

おそらく同じように考えている人が多いからこそ、Microsoftが市場を席捲しているのでしょう。

上記の4つのアイテムが必須だと考えている理由は以下の通りです。

理由① 1TBのクラウドのストレージが必ず必要

基本的に持っているファイル、データは基本的にクラウド上に保存するべきです。

セキュリティや利便性などの理由もありますが、一番の理由はその方が共有や保存が圧倒的に効率的になるからです。

相手にファイル送信するときに、ファイルを添付して送るのではなく、ファイルへのリンクを生成してそのURLを送ってあげた方が親切です。

なぜなら、相手はいちいちファイルをダウンロードしてエクセルのソフトを起動する必要が無く、1クリックで見たい情報へたどり着けるからです。

世界のヘイショー

僕は2年前くらいからPCにファイルを保存するのを辞めました。

理由② TeamsとPlannerが優秀すぎる

ビジネスチャットは向こう5年~10年で普及してくる必須ツールだと考えています。

一度使い始めると、もうEメールでのやりとりにうんざりしてくると思います。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事 Microsoft Teams(チームス)とは?ツールマニアが解説

理由③ セキュリティがしっかりしている

よく「イントラはOffice 365を使用しているけどGoogle SpreadsheetやNotionなどでドキュメントを作っている人」を見かけますが、本当は良くないです。

なぜなら、これらのツールで生成した共有リンクは、リンクのURLさえ持っていれば誰でも閲覧できるから。

TeamsまたはSharepointで保存しておくと、特定のユーザーしか閲覧できないように制限をかけることが可能です。

理由④ 世間一般的にOffice365が普及している

僕自身新しいデジタルツールが好きなのでどんどん利用しているのですが、会社で働いていると「日本人がOffice系の製品から離れるにはあと20年かかるな」と実感しています。

マジョリティが利用している製品を使うことは楽だし、新しいサービスを周囲にごり押ししても嫌われるだけ。

僕もここら辺にはかなり気を使っているのですが、自分が相手に合わせるというスタンスでいた方がストレスが無くなります。

まとめ

長々と説明しましたが、要約すると以下の通りです。

  • 社員数2人以上の事業主は、Office 365 Business Premiumを選べばOK。
  • フリーランサー、または個人事業主は、金銭的にきつければ契約しなくてもOK。クライアントからたまにエクセルやワードが送られてくる程度であれば、無料のオンラインバージョンで対応すれば良し。

ヘイショーからは以上です。

ご精読ありがとうございました!

関連記事 業務効率化できるデジタルツール10選【すべてのビジネスマンへ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。