オンページSEO対策(内部最適化)。検索順位UPに必要な17の項目

オンページSEO対策

ふきげん猫ちび

オンページSEOって何?食べれるの?
セイセイセイセイセイ~!オンページSEOとは、ページ内で完結するSEO内部対策のことだよ。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

SEOか。ちびはブロガー兼世界的デジタルマーケターを目指しるんだけど、知っておいた方がいいのかな?
もちろん。SEOを制するものは世界を制すると言われてるからね。テクニカルなことを言うと、デジタルマーケティングの中でもっともROI(Return of Investment)が高いのがCRO、二番目に高いのがSEO/コンテンツマーケティングと言われているからね。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

(CRO?ROI?なんのこと言ってるんだ?)。。。。その通り。知ってたよ。お前を試してたんだ。どんな人にとって必要?
SEO対策にもいろいろな種類やテクニックがあるけどが、オンページSEOはホームページ運営者やWebマスター以外にも、ライターやブロガーにとっても必要だと言えるね。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

どれくらい効果があるの?
僕はオンページSEOとドメインランクの強いキューレーションサイトへの寄稿を利用して、「ハワイ ホテル」というハワイでもっとも競争の激しいビッグキーワードでTrip Advisor、Expediaなどの大手ポータルを抑えて1位を獲得したことがある。4記事投入して、PVは月間80万、メインサイトへの誘導数は月2万クリック、コンバージョンは月30件くらい、売上は月600万くらい。対してかけた時間は20時間くらいだからROIは1年で1万%くらい出たんじゃないかな。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

!!!!!!!!そのテクニックを今すぐに教えてくれ!!今すぐにだ!!!
オーケー。ではいってみましょう。オンページSEOに必要な要素17選。

世界のヘイショー

1.SEOフレンドリーなURLを使う

 URLはなるべく短くて、キーワードを含めます。

2008年、Matt CuttsがインタビューでURLはGoogleの検索エンジンのアルゴリズムの一つであるという事実を公表しています。

2.タイトルにキーワードを入れる

オンページSEOで一番大切なのがここです。

そしてターゲットキーワードはできるだけ前に持ってきます。

3.タイトルにロングテール用のキーワードを入れる

人気、おすすめ、ランキング、2018、感想などのキーワードを入れます。

これによって「おすすめ 〜」「人気 〜」などのロングテールキーワードで上位表示される可能性が高まると共に、使い方によってはオーガニック検索でのCTRも上がります。

4.タイトルがH1タグでマークアップされている

H1タグはページタイトルをマークアップするための役割を果たします。

WordPressのテンプレートを利用しているのであれば、ほとんどのテンプレートではこれが自動的にセットされていると思いますが、そうでない場合はテンプレートを変えるか、マークアップを変更する必要があります。

5.見出しがH2タグでマークアップされている

出来ればですが、見出し内にもターゲットキーワードを入れた方が良いです。

SEOに強いHTMLマークアップの方法は以下の記事にも詳しく書いています。

HTML5要素タグで内部SEO強化へ。section, article, mainタグの使い方

6.動画やインフォグラフィック、ダイヤグラムを使う

これらのコンテンツは直帰率を下げたり、サイトの滞在時間を上げることに貢献してくれます。

ユーザーエクスペリエンスの観点から見ても、文字を可視化することによってページが改善されていると感じると思います。

7.最初のパラグラフにキーワードを入れる

あくまでも自然に文章に盛り込んでください。

8.スマホに最適化する

記事の公開後は以下のモバイルテストとスピードテスト、最後にスマホでの確認を必ず行いましょう。

>>モバイルフレンドリーテスト | Googleサーチコンソール

>> スピードテスト | Google Developers

スマホで見て使いにくければ修正しましょう。

9.権威性のある外部サイトへの発リンクを置く

これによって自分のページとリンク先のページを関連づけることが出来ます。

またGoogleも「このサイトはユーザーを質の良いサイトへ誘導してくれるな」という評価が下します。

10.内部リンクを置く

SEO最強のウェブサイトと言われるWikipediaを見てみると分かると思います。

サイトの性質もあるかもしれませんが、記事によっては50以上の内部リンクがあることも。

通常のサイトであればこれは難しいと思いますが、2〜5くらいの内部リンクはつけた方が良いです。

11.ページスピードをチェックする

2010年にGoogleが「ページスピードは検索順位に影響する」とWebマスターツールの公式サイトで発表して以来、その重要性はますます強まっているようです。

Munch Webの話によると、ページスピードが4秒以上かかるサイトは、75%のユーザーは再訪問しないらしいです。

ページスピードは上記8で紹介したGoogleのスピードテストの他にGTmetrixPingdomいうサイトで確認できます。

12.共起語を入れる

共起語とは、簡単に言うとある単語に対して関連するキーワード群のことです。

英語ではLSIと言います。例えば「転職」の共起語はこちら

転職 求人 エージェント 情報 企業 サイト サービス キャリア 管理 業界 紹介 活動 面接 応募 営業 採用 サポート 専門 あなた マイナビ 自分 エンジニア 人材 開発  IT 企画

共起語は以下のサイトから探すことが出来ます。

13.画像を最適化する

ファイル名とAltタグにターゲットキーワードが含めます。

ファイル容量は100kbまで。幅は広め(2カラムのブログの場合は600〜800px)で挿入した方が良いです。

14.ソーシャルのボタンを設置する

SNSのシェア数はGoogleの検索アルゴリズムに直接的な影響を与えませんが、被リンクの獲得やアクセス増につながるので、間接的には貢献してくれます。

15.長文を投稿する

実際の検索順位を見てみれば分かると思いますが、競合の多いキーワードでの検索ランキング上位は大体長文です。

長文記事がSEOに強い理由は、共起語が含まれる、ページの滞在時間が上がる、クオリティが上がる、などの要素が強いです。

16.ユーザーの滞在時間を伸ばす

例えば、記事へたどり着いたユーザーがページをすぐに離脱すると、そのページは低品質とGoogleから判断されてしまいます。

ユーザーの滞在時間がGoogleからの評価に直結するため、これを少しでも長くするために長文を書いたり、エンゲージメント率を高める工夫をすることが大切です。

17.オーガニック検索のCTRを上げる

Googleのランクブレインの発達により、オーガニック検索のCTRや訪問後の滞在時間がより重要になってきています。

オンラインSEO+寄稿の組み合わせは競合の激しいキーワードで有効

ふきげん猫ちび

ところで、ヘイショーが寄稿した記事はどれ?
この時に寄稿したのはDeNAのキューレーションサイトだったから、残念なことにサイト閉鎖とともに記事も消え去ってしまったんだ。。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

なんだ、寄稿なんかするからだよ。
たしかにちびの言う通り、寄稿は自分で記事をコントロールできないデメリットがある。それでも単価の高い商品やサービスを販売している人や、検索ボリュームや競合が多い場面では寄稿で単体の記事で検索上位を獲得し、そこからリードを獲得するのはかなり良い作戦だよ。

世界のヘイショー

さらに言うと最近はSEOのアルゴリズムでは利益率の高いYMYLの領域ではE-A-Tが重要になってきているから、寄稿して自分のブランディングを強化することは得策だと言えるね。

世界のヘイショー

ふきげん猫ちび

なんか眠くなってきた。もう寝るわ。おやすみ。zzz(もう寝た)
もう寝た!ちょっと難しい話したらすぐ寝るやん!そんなんできひんやん、普通。

世界のヘイショー

この時は、3年後にちびが世界で5本の指に入るデジタルマーケターと呼ばれることになるとは誰も知る由がなかった。

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。