無料ツール配布や勉強会の新着情報をLINEでお知らせします

Power Automate Desktopでエクセルを起動&保存する方法

今回の記事では、Power Automate Desktopのスクレイピング作業で必要な「エクセルを起動&保存する方法」について解説します。

Power Automate Desktopのスクレイピング作業は基本的にExcelに書き込んでいく形になるので、この動作が必ず必要になります。

この後にいろいろなスクレイピング作業をレクチャーしたいと思います。

ヘイショー

5分くらいで完成するので、チャレンジしてみてください。

Power Automate Desktopって何?という方は以下の記事をご参照ください。

関連記事 無料で使える自動化ツール「Power Automate Desktop」のレビュー

STEP1.「新しいフロー」を作る

ヘイショー

フロー名は適当でOKです。

ヘイショー

ここからフローを作っていきます。

STEP 2. データを記入するためのエクセルを用意

次に、記入するエクセルを用意します。

適当な名前をつけてPCのローカル環境に保存します。

今回は「ScrapingTest」というシート名で保存しました。

STEP 3. エクセルを起動→保存のアクションを追加

左のカラムから「Excelの起動」を探して、真ん中のワークスペースにドラッグ&ドロップします。

すると上記のようなポップアップが出現するので、①「次のドキュメントを開く」を選択し、②先ほど作成したデータ記入用ファイルを選択します。

保存をクリック。

すると上記のように、アクションが追加されます。

STEP 4. エクセル保存のアクションを追加

左のカラムから「Excelの保存」をドラッグ&ドロップします。

保存をクリック。

「Excelの保存」のアクションが使いされました。

STEP 5. 作業完了のメッセージを表示させる

左のカラムから「メッセージを表示」を選択して、真ん中のワークスペースにドラッグ&ドロップします。

上記二つの「フィールドに作業が完了した時に受け取るメッセージ」を入力します。

これで3つ目のアクションが入りました。

STEP 6. フローを保存&動作確認する

1のアイコンをクリックするとフローを保存できます。

2のアイコンをクリックすると動作確認することが出来ます。

ヘイショー

これで一通りにフローは完成です。お疲れさまでした。

まとめ

次回は、メタタイトルとメタディスクリプションをスクレイピングしていきたいと思います。

ヘイショー

ご精読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。