無料ツール配布や勉強会の新着情報をLINEでお知らせします

SEO Power Suiteとは?評判と使い方のコツ

SEO Power Suiteとは?評判と使い方のコツ

ふきげん猫ちび

SEOツールの「SEO Power Suite」を検討しているんだけど、使いやすい?
SEO Power Suiteでことを教えて!

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

SEO Power Suiteのランクトラッカー機能の使い方を教えて?

このような方に向けて、本日はSEO Power Suiteについて詳しく解説します。

  • SEO Power Suiteとは?特徴と機能紹介
  • 価格
  • 評判
  • ランクトラッカーの使い方のコツ

僕はSEOツールとしてはahrefsやSEMRushをメインで使用していたのですが、個人利用するために手頃なツールは無いかな〜と探していたところ、こちらのツールに目をつけました。

感想としては、「使い方によってはこちらの方が良いかも」と思うようになりました。

ヘイショー

それでは、行ってみましょう!

SEO Power Suite(SEOパワースイート)とは?

オールインワンSEOツールですが、日本では検索順位をトラッキングする「ランクトラッカーツール」として有名です。

似たようなツールとして検索順位トラッキングツール「GRC」とよく比較されますが、サイト監査や被リンク分析も出来るのでSEO Power Suiteの方が高性能です。

ヘイショー

特徴は以下の通り。
  • PCにソフトをインストールして利用する
  • 以下の4つのツールに分けて使用する
    • Rank Tracker(ランクトラッカー) … 登録したキーワードの検索順位をトラッキング+キーワード選定
    • Website Auditor(Webサイト・オーディター) … テクニカルSEOの問題を発見する
    • SEO SpyGlass(SEOスパイグラス) … 被リンク分析
    • LinkAssistant(リンク・アシスタント) … 被リンク営業用のツール
  • 費用は年間約300ドルと、他のオールインワンSEOツールと比較すると安い

公式 SEO Powersuite

特徴1 PCにソフトをインストールして利用できる

ahrefsなどのクラウド型のツールと比較してかなり特徴が違ってきますので、注意が必要です。

ソフト型のメリットとデメリットは以下の通り。

  • メリット
    1. サクサク動く
    2. ランクトラッカーのキーワード数やサイト監査のクロールページ数に制限が無い。クラウド型のツールはそれぞれの数に制限がありますが、SEO Power Suiteにはありません。
  • デメリット
    1. 同じPCでしか利用できない。
    2. ソフトが開いている時にしかクロールできない … クラウド型だとパソコンを閉じていても毎日勝手にクロールしてくれますが、ソフト型の場合はソフトを開いている時にしかクロールしてくれません。予約して勝手に走らせることは出来るのですが、PCを開いている間しか走ってくれません。

特にデメリット②については許容できない人もいそうなので注意が必要かと思います。

ランクトラッカーは一瞬でクロールしてくれるので全く問題ないですが、大規模ECサイトをクロールする時は5時間くらいかかるので少し面倒くさいです。

ヘイショー

スペックの高いPCを使用していれば裏でソフトを走らせておくだけなので問題はないかと思います。

特徴2. 難しいけど高機能

設定項目がたくさんあるので、サイトの仕様に合わせてカスタマイズすることが可能です。

設定が若干難しいですが、英語ですがチャットのサポートもあるのでサクサク答えてくれます。

例えばサイト監査で上手くいかない時に設定をいじくれば何とか使いものになったりします。

ヘイショー

ただこれがSEMRushやahrefsだと出来ないので諦めることが多いです。

特徴3 高機能な割に低価格

僕がSEO Powersuiteで感じている最大のメリットは、価格の安さです。

正直言うと使い慣れたahrefsやSEMRushを使い続けることが出来れば問題ないのですが、1ヶ月100ドルくらいするので会社の経費で落ちない限り難しいです。

ヘイショー

SEO Powersuiteは年間150ドルなので、個人利用でも十分に手が届く価格設定です。

特徴4 サポートが優秀

ツールを使っていると分からないことが多くあると思いますが、SEO PowersuiteのWebサイトからチャットでサクッと質問することが出来ます。

自分も頻繁に質問するのですが、待つことなくオペレーターと連絡できてレスポンスも非常に速いです。

オペレーターのスキルも高く、「このサイトで試してくれる?」と言ったところ向こう側でも試してくれたりして、助けられたことが何回かありました。

ヘイショー

ただ本当に難しい問題は解決できないことがあったのですが、そのような場合はメールでやり取りした方が良いかもしれません。

価格

プロフェッショナルプランで十分だと思いますが、年間150ドルという脅威の価格設定です。

ヘイショー

開発元が東欧の会社なので、他のSEOツールと比較して圧倒的に安いですね。

公式 料金プラン | SEO Powersuite

評判

ブログ記事の口コミ

SEO順位を上げるためには、狙ったキーワードで上位を獲得する必要があります。コツとしては、「キーワード選定→コンテンツ制作→SEO順位チェック→リライト」というサイクルを高速で回転させることなのですが、この時、ツールがないと順位チェックだけで1日が終わります。

引用:https://www.tsuzukiblog.org/ranktracker/

サイトで収益化を目指す上で、SEO順位のチェックは欠かせません。アフィリエイトはもちろん、自社商品を売るためには特定のキーワードで検索上位になる必要があるからです。今何位にランクインしているのか分からなければ、その記事が良いのか悪いのかすら判断できないでしょう。Rank Trackerの活用は、サイト収益化を目指す全ての人に必須とも言えます。

引用:https://tcd-theme.com/2021/12/rank-tracker.html

RankTracker(ランクトラッカー)は、無料版でも超優良機能が使えます。しかし、メニューが多く、英語から日本語への和訳があやしいため、使いこなすのが難しいSEOツールです。

引用:https://wporz.com/free-rank-tracker-usecase/

SEO PowerSuiteは『RankTracker』『Spyglass』『Website Auditor』『Link Assistant』を扱うITソフトウェア企業のブランド名です。日本で有名なのはRankTrackerで、そこから知る人(筆者もそうでした)が多いようですが実は世界で3番目に多く使われている人気のSEOツールです。

引用:https://kosuke0001.com/seo-powersuite-tools-using/

Twitterの口コミ

ヘイショーの感想

ランクトラッカーは日本でもメジャーな存在になっており、UI/UXが優秀だったりキーワード登録数が無限、競合との比較も容易に行えるので、今まで見てきた他のSEOツールの中では一番いい感じだと思います。

キーワード選定については競合の流入キーワードを引っこ抜く機能が非常に優秀です。

ただ検索ボリュームをチェックするツール(Keyword Planner)がなぜか使えなかったので、若干不便さはありました。自分はキーワード選定時にahrefsやGoogleキーワードプランナーを併用するので問題なかったですが、これ一本で作業する人にとっては少し不便かもしれません。

サイト監査については、少し難しいのでまだ勉強中です。

ブログとかだと問題なくクロールできるのですが、大規模ECサイトだとクロールに時間がかかりすぎてまだフルでクロールを回せたことがありません。ちなみに他のSEOツールでも同様に苦戦しているので、特にこれが劣っているという訳ではありません。

被リンク調査は問題なく使えています。

まとめると、自分の今の仕事内容であればahrefsやSEMRushに年間15万円払うならSEO Powersuiteに年間2万円払う方でいいかなと思います。

ヘイショー

ahrefsやSEMRushで出来ることは90%カバーできます。ランクトラッカーに関してはSEO Powersuiteの方が優秀なので、性能的にも評価は互角かと思います。

ランクトラッカーの使い方のコツ

ランクトラッカーはデフォルトで使うとクロール途中でキャプチャー入力が要求されたりと上手くいかないので、若干設定を変更する必要があります。

その他の分も合わせて自分がカスタマイズしている内容をこちらに記載します。

順位をチェックする時にキャプチャー入力が要求される対策

Google検索画面をボットで徘徊するとGoogleが「botに徘徊されているな」と気づかれてキャプチャー入力を要求してきます。

ランクトラッカーでもこれが頻繁に起きてしまうのですが、以下の設定をすることで回避することができます。

メニューバーの「Preferences」「Search Safety Setting」から、「Safe Query Mode」のタブへ。そこでチェックボックスにマークを入れる。

ヘイショー

自分のPCからではなく、外部環境から検索結果をクロールさせるという設定内容です。

次に「CAPTHA Setting」のタブへ行き、全部のチェックボックスを外します。

ヘイショー

キャプチャ入力が要求された時にマニュアル処理するかどうかという内容です。自分はこの作業を一切したくないので、チェックボックスを全て外しています。

次に「Human Emulation」のタブへ行き、一番上の項目のチェックボックスをマークします。

ヘイショー

Google検索結果を徘徊するbotを人間の動きに似せるための設定内容です。本当は全部チェックした方が良いのですが、2番目と3番目を使うとクロールの時間が遅くなります。

100位までの検索結果をチェックする(デフォルトでは50位まで)

デフォルトでは検索結果の50位までしかチェックしてくれないので、「Preferences」「Rank Checking Mode」から一番上の項目を50から100に変更します。

ヘイショー

ただしクロール時間は遅くなるので、必要に応じて設定ください。

検索エンジンをGoogle.co.jp(日本)に設定

デフォルトだとアメリカのgoogle.comの検索結果を返してしまうので、日本のgoogle.co.jpに設定してあげる必要があります。

「Preferences」「Preferred Search Engine」から、Google.co.jpを選択します。

ヘイショー

スマホの検索結果が欲しい場合はGoogle.co.jp(Mobile)を指定ください。

まとめ

SEO Powersuiteは現時点ではコスパにもっとも優れたSEOツールなので、気になる方は無料版を試してみてくださ。

ヘイショー

ご精読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。