LINEグループ「Digital Marketing Japan」始めました

Ubersuggset(ウーバーサジェスト)とは?評判&使い方

Ubersuggset(ウーバーサジェスト)とは?評判&使い方

ふきげん猫ちび

無料のキーワード選定ツールのおすすめを教えて!
Ubersuggest(ウーバーサジェスト)が良いって聞いたんだけど、どうやって使うの?

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

Ubersuggestにはどんな機能がある?

このような質問にお答えします。

こんにちは、世界のヘイショー@heyshoworldwideです。

今回の記事では、以下の内容について解説します。

  • Ubersuggestとは?
  • 特徴、評判、使い方、費用、機能紹介
  • 有料版をお得にGETする裏ワザ

ちなみに僕はSEO歴8年くらい、個人でも会社でもSEOの仕事をしているので、この手のSEOツールについてはかなり詳しいです。

世界のヘイショー

それでは、見ていきましょう!

Ubersuggestとは?

一言で言うと、無料でいろいろ出来るキーワードリサーチのツールです。

ただし最近は有料版が登場し、SEMRushAhrefsと似たようなことが出来るようになりました。

運営している会社は有名なNeil Patel@neilpatel氏の会社(Neil Patel Digital)で、Neil PatelのブログやYouTubeで登場しまくっている関係で知った方も多いと思います。

Ubersuggestのコンセプト

Neil PatelはUbersuggestについて、以下のようなコメントを残していました。

AhrefやSEMRushは素晴らしいツールだけど、高いね。しかもあれだけの機能はいらない。UberSuggestはそれぞれのいいとこどりをしたシンプルな機能に抑えて、無料または圧倒的に安い価格で提供したいんだ

世界のヘイショー

1~2年前にこんなことを言っていたのですが、実際に実現しているのはすごいですね。

Ubersuggestの特徴

僕が考えるUbersuggestの特徴は以下の通り。

  • 無料でキーワードリサーチが出来る
  • 有料版は、他のSEOツールと比較して圧倒的に安いけど必要最低限の機能を兼ね備えている
  • Chromeのアドオンがかなり便利

ガチのSEOエキスパート(SEMRushやAhref信者)からは批判の声も多いです。

無料でもある程度使えるのですが、有料版で「無制限ライフタイムプラン」というプランがあり、一回3万円で購入すると一生使い続けれるというお得な制度があります。

世界のヘイショー

ちなみにこれを1万円でGETする裏ワザがありますが、後で記載します。

Ubersuggestの機能

2020年11月現在のUbersuggestの機能は以下の通りです。

  • キーワードリサーチ
  • 競合分析
    • トップパフォーマンス・ページ一覧を抽出
    • 上位ランクのキーワード一覧抽出
    • 被リンク一覧を抽出
  • サイト・オーディット(テクニカルな問題を抽出)
  • 検索順位をトラッキングする

実はこれ、僕がSEMRushやAhrefsで使う機能です。

逆にこれら以外の機能はほとんど使いません。

世界のヘイショー

つまり、Ubersuggestは本当に必要な機能だけを厳選して提供してくれているようです。

僕がより利用する機能を以下に紹介します。

1位 キーワードリサーチ

Ubersuggestでキーワードリサーチをする

検索ボリュームを調べるツールです。

無料で利用可能ですが、無料版は候補を30個くらいしか提示してくれません。

世界のヘイショー

おそらくUbersuggestで一番利便性の高い機能です。

2位 競合サイトの流入キーワードを調べる

「トラフィックアナライザー(キーワード)」という機能では、競合サイトがランクインしているキーワード一覧を出力してくれます。

これによってキーワードリサーチが楽になるのですが、僕が実際に行っているプロセスは以下の通りです。

  • STEP 1: ターゲットとするキーワードを決める
  • STEP 2: Google検索してみて、1位~5位の記事をリストアップ
  • STEP 3: 各記事の流入キーワードをエクセルにエクスポートする
  • STEP 4: 5個のファイルをまとめて、エクセルの機能で重複を削除する
  • STEP 5: これで1位~5位の記事が獲得しているロングテールキーワードのリストが出来るので、これらを見出しに含めて1位~5位の記事のトピックをすべて網羅する

もちろんすべてのブログ記事でこれを行う訳ではなく、親ページ(まとめページ)でのみ行います。

3位 サイト監査でテクニカルな問題を発見する

Ubersuggestのサイト監査でテクニカルな問題を発見する

コーディングのエラーなど、コンテンツ以外の修正箇所を指摘してくれます。

例えばこんな感じです。

Ubersuggestのサイト監査の例

WordPressサイトを運営していてSEOフレンドリーなテンプレを使っている場合はそんなに気にしなくても良いです。

個人でSEOコンサルをしていて、クライアントに問題点を指摘しなければならない場合は重宝します。

関連記事 テクニカルSEOとは?内部施策一覧とおすすめツール

4位 検索順位をトラッキングする

Ubersuggestで検索順位をトラッキングする

検索順位をトラッキングするシステムです。

アカウントのグレードによってキーワードの数が変わってきます。

  • 無料 …1サイト25個
  • パーソナル … 1サイト100個
  • ビジネス … 1サイト200個
  • エンタープライズ … 1サイト300個

SEMRushやAhrefは1500個まで追跡できるし、GRCではほぼ無制限で追跡できるので、これらと比較すると大幅に少ないです。

インハウスSEOとして利用するのであれば圧倒的に少ない気がしますが、個人的にはサーチコンソールで検索順位をトラッキングするのでそれほど問題ないです。

5位 被リンク調査

Ubersuggestの被リンク調査

被リンクをチェックする機能ははっきり言ってシンプルで使いやすいです。

他のツールと比較すると数は少なめに出ますが、個人的には数が増えているか減っているかのみをチェックするので問題ないです。

積極的に被リンク対策をしている人にとっては他のツールの方が役に立つかもしれません。

関連記事 被リンク構築とは?増やし方のコツ

各機能の正確性

SEOツールで問題になるのが正確性です。

特に日本語サイトの場合は海外のツールを使うと誤差が大きかったりします。

感想はと言うと、キーワードリサーチや検索順位のトラッキングは全く問題ないです。

それ以外の機能はAhrefsの方が圧倒的に良いです。

ただ個人的にはキーワードリサーチと検索順位チェック以外はある程度誤差があって問題はないのではないかと考えています。

Ubersuggestの使い方

5つのトレーニングのビデオが提供されているので、これを見ると実際のプロが推薦する使い方を見ることができます。

ナビゲーションに「コーチング」というリンクがあるので、ここからアクセスできます。

参考 Coaching | Ubersuggest

Ubersuggestの費用

費用体系は「月払い」と「買い切り」の2種類あり、それぞれの価格は以下の通り。

  • 月払い
    • パーソナル:29ドル/月
    • ビジネス:49ドル/月
    • エンタープライズ:99ドル/月
  • 買い切り
    • パーソナル:290ドル
    • ビジネス:490ドル
    • エンタープライズ:990ドル

無料版と有料版の違い

無料版では以下の制限が課せられます。

  • 各データが一部しか見れない(例:キーワードリサーチをした時に候補に表示されるキーワード数が33個しか見れない)
  • 検索順位トラッカーで、トラッキング出来るキーワードの数が25個しかない

有料版では基本的にデータをすべて見れるようになります。

買い切りプランを1万円でGETする裏技

手順1
まずは7日間の無料体験を申し込む

Ubersuggest:まずは7日間の無料体験を申し込む

手順2
サブスクリプションをキャンセルする

Ubersuggestをキャンセルする方法

手順3
キャンセルしようとすると、99ドルでオファーしてくる

Ubersuggest:安く買う方法

この方法によって買い切りプランを1万円で購入することが可能です。

ただし後から判明したのですが、この方法を使うと登録プロジェクトの上限数が1、ランクトラッカーの追跡キーワード数が25まで、クロールが150ページまでという制限を受けます。

世界のヘイショー

この条件であれば全然安くないですね。。

ちなみに僕は返金してもらいましたが、返金の手続きはスムーズでした。

Ubersuggestの評判

僕はFacebookの海外のSEOコミュニティに5つくらい入っていてUbersuggestに関する話題をよく聞きますが、評判は「特に問題なく使えている」という声と「物足りない」という声が半々くらいあります。

好評者のコメントは以下の通り。

  • 価格が圧倒的に安い
  • キーワードリサーチとランクチェッカーは問題なく使える

逆に不評者のコメントは以下の通り。

  • SEO担当はとりあえずAhrefかSEMRushを使っておけば間違いない
  • 機能がシンプルすぎる
  • 価格形態がコロコロ変わる
  • Neil Patel(創業者)のことは信用できない(SEO界隈からはディスの声をちらほら聞きます)

ちなみに僕の評判はと言うと。。。買い切りプランを99ドルでオファーしてきて、その後で条件を変更してきた(追跡キーワード数25個など)のにはがっかりさせられました。

まとめ

私からのコメントですが、個人的にUbersuggestは好きです。

以下の点が気に入っています。

  • UIがシンプルで良い(速攻使いこなせるようになった)
  • サクサク動く
  • 安い

ちなみに個人サイトに利用するのであればこれで十分かもしれません。

ただクライアントのサイトに利用するのであれば、やはりガッツリ調査できるSEMRushやAhrefをおすすめします。

今回は、Ubersuggestについての紹介でした。

世界のヘイショー

ご精読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。