うぇぶすくーるJP(Webマーケティング勉強会)の参加者募集中

お勧めWebマーケティングスクールと講座6選を比較

【無料あり】おすすめWebマーケティングスクール比較

ふきげん猫ちび

未経験からWebマーケターに転職したいんだけど、教えてくれるスクールはあるの?
おすすめのWebマーケティングスクールを教えて?

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

無料で学べるスクールはある?

このような声にお応えするために、僕が「これは絶対に受けておいた方がよい」と考えるWebマーケティングのオンライン講座と、有名なスクールをお知らせします。

この記事の内容
  • Webマーケティングとは?
  • Webマーケティング・スクールで学ぶ必要性
  • Webマーケティング・スクールで学ぶデメリットと注意点
  • 専門学校、オンラインスクール、オンライン講座の違い
  • おすすめのオンライン受講型のコース
  • おすすめのオンラインスクール

これらの授業は「企業のWebマーケティング部門で働くこと」を目的としている人におすすめです。

ちなみに僕は企業のWebマーケティング担当として8年ほどの経験があり、大手企業から中小企業、インハウスからエージェンシー、日本~ハワイ~フィリピンで働いたりと経験が豊富なので、どのゴールに対してどのようなアプローチをすることがベストかをある程度心得ています。

ヘイショー

ちなみにアフィリエイトリンクは貼っておらず正直な見解を書いてます。

Webマーケティングの仕事に興味がある方は、一読していただけると幸いです。

webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、Webサイトの売り上げやトラフィックを増やすために行うテクニックのことを指します。

例えば、SEO対策というテクニックによりWebサイトのGoogleでの検索順位を上げてトラフィックを増やしたり、広告を打って集客したり、Webサイトをより使いやすくして成約率を上げる、などの施策があります。

参考 インターネットマーケティング | Wikipedia

Webマーケティングスクールやオンライン講座で学ぶメリット

企業のWebマーケティング部門で活躍することを目指している場合、Webマーケティング・コースを体系的に受講することは以下の点でメリットを得ることができます。

  • 就職活動時に有利になる
  • 実務の場面で他部署に言葉や施策の概要を説明する場面で上手く説明が出来る

就職活動時に有利になる

僕はマネージャー職をさせていただいているので応募者を面接することがよくあるのですが、最近の応募者はすごい経歴を持っていたり面接で自分のアピールが上手い人が多いのですが、実際入ってみると大したことがない人は多いです。

おそらく面接時に自分を盛ってしまうためこのようなギャップが生じるのだと思いますが、そんな中で僕は権威性のある資格を重要視するようになりました

例えばWebマーケティング担当なら後述する「Fundamentals of digital marketing | Google Digital Garage」、SEO担当なら「Moz Academy」あたりの修了証明書を履歴書につけていたりすると、「この人は一通りの基礎を学んだんだな」ということが分かります。

これは小手先のテクニックよりも大事で、Webマーケティング業務においては例えば「ビジネスのゴール、自社の優位性、オンラインビジネスの特性、ペルソナ、カスタマージャニー」といった基礎的な部分を把握していないと、見当違いな提案をしてきたり、話が通じないことが多いからです。

実務の場面で他部署に言葉や施策の概要を説明する場面で上手く説明が出来る

ブロガーやアフィリエイターの人は「自分でサイトを運営して学ぶのが一番有効」とおっしゃる方は多いのですが、これはある意味正解です。

ただ、企業のWebマーケティング担当(特に大手)になると、説明して他人を説得するスキルが必要になります。

ヘイショー

つまり、まずは知識面で相手を圧倒する必要があります。

例えば、僕は相手を納得させるためによく以下の言葉を使用します。

  • SEOはWebマーケティングの中で長期的には一番費用対効果が高いです。短期的には2位。短期の1位はCRO(コンバージョン率最適化)。
  • Webマーケティングでもっとも費用対効果が高い施策は、SEO、CRO、リスティング広告+LPO、EFO、アップセル/ダウンセル、このあたりです。
  • 過去にアメリカで行われたリサーチによると、商品を購入する工程で検索エンジンを利用する人の割合は91%だそうです。
  • Webマーケティングの本質は、ペルソナに対して商品購入までのオンラインの工程を最適化することです。

ヘイショー

しっかりと勉強しないと、説明が難しいかったりします。

Webマーケティングスクールで学ぶデメリットと注意点

教材のクオリティが事前に判断しにくい

情報を事前に小出しにするインフルエンサー達と違って、スクールやオンライン講座は受講する前にコースを選ばなければなりません。

Webマーケティングの世界では講師の実力がピンキリなので、経験の浅い人が判断するのが難しいです。

時間がかかる

僕がGoogleの40時間コースを受けた時、せっかちだった僕はとんでもなく長い道のりのような感覚を味わいました。

しかも僕はもともと自分でブログを運営しながらググって勉強してきたので、手を動かさずに動画で授業をずっと見るのが退屈だったし、内容も基礎的なことなので楽しくは無かったです。

ヘイショー

ただ修了証明書が出るのと基礎的なコンセプトを学ぶのはすごく重要だと正直に実感できたので最後まで頑張ることが出来ました。

実務経験の方が信頼性が高い

現在の転職市場では「実務経験>>学歴 or 資格」なので、僕であればスクールに半年通うのであればデジタルエージェンシーで1年働きます。

ちなみに僕は未経験からECサイト運営の会社に就職して1年経験を積んだ後、トントン拍子でステップアップして現在は大手外資系企業のデジタルマーケティングマネージャーになり、年収は1150万円のところまで来れました。

ブラック企業は多いかもしれませんが未経験を雇うデジタルエージェンシーはまだまだ多いので、最速でキャリア形成したければまずは働いた方が早いです。

専門学校、オンラインスクール、オンライン講座の違い

専門学校

僕はオーストラリアのTAFEという専門学校に通っていたのですが、授業のクオリティは低めでした。

よい先生も中にはいるのですが、質問しても何一つ答えられないような素人のような先生も多かったです。

また、「これ必要ないだろ」みたいなクラスも多く、時間を無駄にしている感はありました。

しかも費用は一番高いです。

ただクラスメイトと積極的に交流していくと友人は出来ると思います。

ヘイショー

激務に疲れたから休みたい。けど履歴書に空白期間を作りたくない。そんな人にのみお勧めです。

ただ海外の専門学校に行くと、少なくとも英語は上手くなるし、面接などではTOEICなど不要で英語が話せるキャラとして扱ってもらえます。

オンラインスクール

僕は過去にプログラミング系のオンラインスクールを受けたことがあるのですが、専門学校よりはこちらの方が良いと思います。

教材はトレンドをつかんでいるし講師も現役の人がしているのでそこまで大きなハズレはない。

システムも良いのでオンラインで効率的に学ぶことができます。

ネックは費用がオンラインの割に高価なこと。

ヘイショー

未経験の方、独学や自己管理が苦手な人にはお勧めです。

オンライン講座

実際にはこれがコスパ最強になりますが、未経験の人がいきなりこれに挑戦するのはハードルが高いかもしれません。

僕は基本的に独学してきましたが、最初はやはり専門学校に行ってネットで検索するコツを覚えましたし、人に聞くことが出来ないとコツが掴めないので難しいです。

ヘイショー

ただ、少しでも知見がある人、すでに実務経験がある人はこれ一択で間違いないと思います。

Webマーケティングスクール、講座の選び方

現在の自分のレベルと目標とするポジションを照らし合わせるのが良いです。

  • 未経験からデジタルエージェンシーへの就職を目指している … オンラインスクール
  • 現在企業のWebマーケティング担当として実務をしているが、レベルアップしたい … オンライン講座
  • 激務に疲れ果てたから、退職して勉強しながら休みたい … 専門学校、オンラインスクール
  • 個人で副業ブログ、アフィリエイトを勉強したい … YouTube動画でOK。なかじさん、マナブさんとかがおすすめ。

ヘイショー

上記に当てはまなければ、この記事のコメント欄で質問してもらっても大丈夫ですよ。

おすすめのオンライン受講型のコース

Googleデジタルワークショップ

参考 オンライン コース | Googleデジタルワークショップ

僕は「デジタル マーケティングの基礎」これは僕が今までに受講した授業の中で一番クオリティが高かったです。

ただコースは40時間かかるくらいボリューミーな内容で、デジタルマーケティングの内容を体系的に隅から隅までカバーしているので、初心者向けですが程度経験のある人にとっても学びはあります。

また、Googleが提供しているだけあって授業のクオリティもとんでもなく高いです。

ヘイショー

僕が面接官の立場で、候補者がこのコースの資格を持っていたら、「この方は基礎を分かっているし、英語も出来るし、このコースに目をつけるだけあって正しい情報の探し方を心得ているな」という高評価を下します。
  • 評価: ★★★★★
  • メリット
    • 授業のクオリティは一番高い(Googleが提供しているので、これを超える教材は無いはずです)
    • 無料
    • 一番体系的に詳しく説明している
    • 修了証明書を発行してくれる
  • デメリット
    • 40時間かかる

Udemy(ユーデミー)

参考 デジタルマーケティングコース一覧 | Udemy

Udemyは世界No.1のオンライン学習サイトなのですが、質が高くて体系的にスキルをマスターできるコースが揃っています。

英語のコースはバリエーションが充実しているのですが、日本語のコースは若干選択肢が少ないです。

ここにもGoogleが無料で提供している「はじめてのデジタルマーケティング by Grow with Google」というコースがあり、上記の40時間のコースと比較するとボリュームは少ないですが、ビジネスの考え方の基礎が学べます。

  • 評価: ★★★★☆
  • メリット
    • アプリをダウンロードすれば音声で聞くことも出来る
    • 価格はセール時に購入すると2000円以内で買える
  • デメリット
    • 日本語のコースは1~4時間くらいまでの微妙なコースが多い

MOZアカデミー

参考 Moz Academy公式サイト

海外のSEO専門家で、こちらのコースで勉強した人は多いです。

SEO対策のノウハウを体系的に端から端まで網羅した数少ない教材の一つ。

  • 評価: ★★★★★
  • メリット
    • 世界的に有名なコースなので、修了証明書を載せると権威性が上がる
    • SEO対策の一通りのノウハウを知ることが出来る
  • デメリット
    • 今のところ英語の授業しかない
    • オンライン講座の割に費用が高い(全部のクラスを受講すると10万円くらいかかる)
    • キーワード選定など、一部のトピックではMozのツールを用いて解説しているため、Mozのツールを使っていない人にとっては意味のない箇所がある

おすすめのWebマーケティングスクール

先にお断りしたいと思いますが、僕は以下に紹介するスクールを受講したことは無く、またほとんどが誕生して間もないサービスなので口コミ、レビューなども少ないので品質については未知数です。

ただ素人がいきなり会社で働いて辛い想いをするよりも、このようなコースで資料の作り方などを学んでから実務に挑んだ方が良いかもしれません。

マケキャン by DMM

参考 マケキャン by DMM.com公式サイト

最近一番勢いがあるサービスです。

DMMはちゃんとしている会社で品質も今まで外れたことはなかったので、おそらく今後一番メジャーなサービスになっていくような気はします。

  • 費用:約60万円
  • 期間:3カ月
  • 科目:検索広告、ディスプレイ広告、SNS広告、データ解析
  • 返金保証: 20日以内であれば返金
  • 転職保証:転職できなければ半額返金

ヘイショー

はじめはナメてかかっていたのですが、Twitterでの評判オウンドブログを見ていると、ぶっちゃけかなりレベルは高そうです。

デジプロ

参考 デジプロ公式サイト

コース内容が「フリーランサー用」「インハウスWebマーケティング担当用」「転職用」の3つに分かれており、たしかのこの3つでメニューを変えてくるのは合理的だな、と思いました。

  • 費用:約30万円
  • 期間:40時間(2カ月)
  • 科目:Webマーケティング基礎、検索広告、ディスプレイ広告、SNS広告、データ解析
  • 返金保証: 1週間以内であれば返金
  • 転職保証:なし

ヘイショー

マケキャンと似たような内容ですが、費用はは圧倒的にこちらの方が安いですね。

Wannabeアカデミー

参考 Wannabeアカデミー公式サイト

実務を体験学習できることを売りにしています。

  • 費用:約24万円
  • 期間:40時間(2カ月)
  • 科目:Webマーケティング基礎、検索広告、ディスプレイ広告、SNS広告、データ解析
  • 転職保証:なし(転職支援あり)

ヘイショー

授業の質などは未知数ですが、一番安いですね。基礎を最低限学んで、あとは独学で大丈夫という方にはおすすめかもしれません。

まとめ

個人的な感想ですが、年収1000万円以上のWebマーケターを目指すのであればまずは英語を勉強して、その後GoogleとMozが提供するコースを受けた後に自分でサイト運用するのがよいと考えています。

ただ今すぐに実務経験が欲しい方は、オンラインスクールで広告系の知識を学んで就職しても良いと思います。

ヘイショー

自分に自信がある人は前者、自身が無い人は後者を選ぶと良いかもしれません。

質問などあればコメント欄へどうぞ。

ヘイショー

ご精読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。