LINEグループ「Digital Marketing Japan」始めました

Google Search Console(サーチコンソール)とは?初心者向け解説

Google Search Consoleとは?

ふきげん猫ちび

Googleサーチコンソールの使い方や導入方法を教えて欲しい!
そもそもGoogleサーチコンソールって何?何が出来るの?

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

上級者向けテクニックを教えて?

このような疑問にお答えします。

世界のヘイショー

こんにちは、世界のヘイショー@heyshoworldwideです。

今回の記事では以下の内容について解説していきます。

  • Googleサーチコンソールとは?
  • サーチコンソールで何が出来る?
  • 導入方法
  • 機能紹介
  • Googleスプレッドシートと連携してレポートを作る方法
  • 質問がある場合

ちなみに僕は仕事で毎日サーチコンソールを利用しているので、熟練のテクニックを伝授できると思います。

世界のヘイショー

それでは、行ってみましょう!

Google Search Console(サーチコンソール)とは?

Googleが提供するWebサイト運営者向けのツールです。

日本ではGSC(ジーエスシー)、サチコという名称で親しまれています。

ちなみに以前はGoogleウェブマスターツールという名称だったので、まだこれで呼ぶ人もいます。

世界のヘイショー

一言でいうと、サイト運営者が正しいサイト運営を行うために行うさまざまな機能が使えるツールです。

サーチコンソールで何が出来る?

機能はいろいろあるのですが、以下の用途で利用している人は多いと思います。

  • ユーザーどんなキーワードでサイトに訪問しているのかを調べる
  • サイトにエラーがあれば教えてくれる
  • サイトマップ提出
  • 記事をインデックスさせる
  • モバイル対応できているか、サイトスピードが遅くないかを確認する

世界のヘイショー

SEO担当はおそらく一番よく使うツールだと思います。

サーチコンソールの使い方

世界のヘイショー

こちらの動画を見ていただけると大丈夫だと思います。

あと少し面倒くさいですが、以下のドキュメントを読んでおくとサーチコンソールについて詳しく分かるようになると思います。

参考 検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド | Search Consoleヘルプ

導入方法

こちらの動画をご覧ください。

機能紹介

パフォーマンスレポート

Google Search Consoleとは?

左側のPerformanceのリンクをクリックすると見れます。

各メトリックスの意味は以下の通り。

  • Total Clicks(クリック) … Google検索結果からクリックされた数
  • Impression(インプレッション) … Google検索結果に自分のサイトが表示された回数
  • Average CTR(クリック率) … Google検索結果で、自分のサイトがクリックされた率
  • Average Position(検索順位) … Google検索結果で、自分のサイトが掲載されている順位の平均値

右下の「QUERIES(検索クエリ)」をクリックするとキーワード毎、「PAGES」をクリックするとページ毎にデータが見れます。

世界のヘイショー

これが一番良く使う機能です。

実践的なテクニックの例

SEO担当がよく行う手法ですが、10位~20位にランクしているキーワードここから見つけて対策します。

記事が現在どのようなキーワードでランクインしているのか、競合はどのようなトピックを話しているのかを分析し、記事にトピックを追加すると検索順位が上昇します。

記事を投稿した後にインデックスさせる

Google Search Consoleでインデックスさせる

記事を公開した後にインデックス(Google検索のデータベースに入ること)するまで通常1日~3日程度かかるのですが、サーチコンソールから強制的に1時間くらいでインデックスさせることが出来ます。

「URL Inspection」でURLを入力して、「REQUEST INDEXING」をクリックすると申し込み完了です。

世界のヘイショー

プロモーションのニュース記事などで行います。

スピードが遅いページを発見する

GoogleサーチコンソールのCore Web Vitalレポート

「コアウェブバイタル」というレポートがあってここから各ページスピードに問題が無いかどうかを調べることが出来ます。

こちらの動画を見ていただけると大丈夫だと思います。

世界のヘイショー

スピードが遅いページがあれば即対策した方がよいですね。

GoogleディスカバーレポートでGoogle砲にヒットしたかどうかを確認する

企業サイトを担当している人は狙いたいGoogleディスカバーですが、サーチコンソールからどのくらいクリックが入ったかなどを確認することが出来ます。

世界のヘイショー

何回かヒットしないとレポートが表示されません。ちなみに企業サイトでないとあまりヒットしないので、スクショを載せることが出来ませんでした。。

関連記事 Google砲とは?対策、条件、コツ、効果、確認方法など

Googleスプレッドシートと連携してレポートを作る方法

Search Analytics For Sheetsを開く

ちなみに、Googleスプレッドシートのプラグインを利用してGoogleサーチコンソールのデータをスプレッドシートに1クリックで出力することが出来ます。

利点は以下の通り。

  • 検索クエリがすべて見れる(サーチコンソールだと1000個までしか見れない)
  • サーチコンソールのUIと比較して、多くのキーワードを瞬間的に見れる
  • スプレッドシートの機能を使ってフィルターしたり、レポートを作ることが出来る。

以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事 Googleスプレッドシートとサーチコンソールを連携させる方法

サーチコンソールで作れるKPI設定

ちなみに僕は以下の指標をKPIとして月毎に数字をモニタリングしています。

「〇位以内にランクインしているキーワードの数(〇クリック以上あるキーワード限定)」

世界のヘイショー

ECサイトなどで有効なKPI設定です。

SEO担当の役割は、カスタマージャーニー上で行われる検索ワードをすべて抑えることなので、3位以内+10クリック以上のキーワード数を数えると良いかもしれません。

不明点があれば質問できます

以下のページに掲示板があるので、プロのSEO専門家に質問することが出来ます。

参考 ウェブマスター のヘルプ コミュニティへようこそ | Search Consoleヘルプ

あとかなりマニアックですが、Googleの社員が質問に答えるというYouTubeチャンネルもあります。

参考 Japanese Webmaster Office Hours – Google Web Master | YouTube

まとめ

今回はさらっとまとめましたが、今度具体的な使い方を解説していきます。

世界のヘイショー

ご精読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。