LINEグループ「Digital Marketing Japan」を始めました

SEOツール・ランキングTOP23【世界トップ企業のSEOマネージャーが厳選】

SEOツール

ふきげん猫ちび

企業のSEO担当が一般的に使っているおすすめのSEOツールって何があるの?
企業のインハウスSEO担当におすすめ~SEO会社におすすめのツールってなに?

ふきげん猫ちび

このような声にお応えします。

SEOツールにはオールイン型のツール(SEMRush、Ahref、コンダクター、UberSuggest)と、特定のニーズに答えるためのツールがあります。

僕自身は本業(企業のSEO担当、デジタルエージェンシーなど)と副業(ブログ、アフィリエイト)の経験が両方8年くらいあるので、その中でよく利用しているツールを紹介していきます。

1位 Google SpreadsheetとGoogle Analyticsのプラグインの組み合わせ

これは本当に難しいと思うのですが、僕はこれを覚えてから人生が変わりました。

きっかけは世界No.1のコンテンツマーケティングを実践していると評判のHubSpotのキーワードリサーチの仕事を請け負った時で、この時にHubSpotの担当者が使っていたテクニックに感動して徹底的に調べて自分のものにしました。

特にレポーティングではGoogle Data Studioを利用している人が多いと思いますが、こちらの組み合わせの方が圧倒的に簡単で速いです。ローディングも速いです。

2位 SEM Rush(セムラッシュ)

参考 SEMRush公式サイト

世界のSEOツールでトップシェアを獲得しているSEOオールインワン・ツールです。

サイトオーディット(テクニカルSEOのチェック)や、ランクチェックなどはかなり優秀だと思います。

その他、キーワードリサーチや競合分析の機能はAhrefに負けます。

広告、SNSなどの機能も付いているので、インハウスのデジタルマーケティング担当の方におすすめです。

価格は月1万~2万円くらいですが、無料版では、1日10アクションまで利用可能です。

関連記事 SEMRush(セムラッシュ)の辛口レビュー&感想【世界トップシェアのSEOツール】

3位 Ahref(エイチレフ)

参考 Ahref公式サイト

SEO専門家の中でもファンは多く、特に日本のアフィリエイターなどからも人気です。

競合サイトの獲得キーワードや売り上げを上げているページを見ることが出来るため、儲けている弱小サイトを見つけては主要クエリをぶっこ抜いて横取りする戦法が可能になります。

日本語バージョンでのUX/UIも良く、さくさく動きます。

被リンク調査にも定評があります。

あとはキーワードリサーチも優秀。

個人的には一番欲しいツールです。

関連記事 日本で人気No.1のSEOツール「Ahref」のレビュー、感想、使い方など

4位 ScreamingFrog SEO Spider(スクリーミング・フロッグ・SEOスパイダー)

参考 Screaming Frog SEO Spider公式サイト

テクニカルSEOを専門としている人にとっては必須ツールになります。

例えばリンク切れや重い画像、メタディスクリプションが設定されていないページなどが一目で分かるようになります。

ただ初心者にとってはかなり使いにくいと思います。

5位 Conductor Searchlight(コンダクター・サーチライト)

参考 Conductor Searchlight公式サイト

最近は外資系のSEOチームで使われることが多いです。

ちなみに僕は直近の2社で利用されていました。

使ったみると、その凄さが分かると思います。

レポーティング、キーワードリサーチ、コンテンツSEOの分野ではかなり使えると思います。

6位 Google Search Console

おすすめと言うか、SEO担当で使わない人はいないです。

皆知っているので低めにランクインさせていますが、使用頻度で言うと間違いなく1位です。

一言で言うと検索クエリ(キーワード)を調べるツール。

サイトへの流入キーワードを見たり、各キーワードが何位にランクしているかを調べることができます。

参考 Google Search Console公式サイト

7位 Google Analytics

知らない人はいないかもしれませんが、サイト解析ツールの王道です。

GA(ジーエー)と略されることも多いです。

参考 Google Analytics公式サイト

8位 Uber Suggest

参考 Ubber Suggest公式サイト

Googleキーワードプランナーが実質有料化されてから使い始めたツールです。

Neil Patel氏が無料で公開しているもので、Googleキーワードプランナーと比較して何の遜色もなく使えます。

最近は有料化してサイトオーディット、競合分析などの機能も追加したようで、とにかく価格が安いので今後のアップデートに期待しています。

9位 GRC

登録したキーワードの検索順位をチェックするただのランクトラッカーですが、とにかく日本人ユーザーからの支持がとんでもなく高い国産ツールです。

他のランクトラッカーと比較するとかなりコスパが高く、個人のブロガーやアフィリエイターにも使われています。

参考 GRC公式サイト

10位 ラッコ見出し(hタグ)抽出ツール

これが無料というのは驚きました。

アメリカ人の友人に紹介したところ、とても気に入っていたのを覚えています。

たしかに凄いです。

参考 ラッコ見出し(hタグ)抽出ツール

11位 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

こちらも謎の無料国産ツールですが、とにかく使用頻度は高いです。

Googleサジェスト、Google関連キーワードを抽出するツール。

日本語SEOではキーワードツールの検索ボリュームに誤差が大きいので、これらのツールを頻繁に利用します。

参考 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

12位 Moz Pro(モズ・プロ)

参考 Moz Pro公式サイト

前はOpen Site Explorerとして知られていましたが、最近改名したようです。

Ahrefと同じく、競合サイトの被リンクをチェックするツール。

一日3回までは無料です。

SEO担当であれば必ず受けておきたいMoz Academyというオンラインコースがあるのですが、このコースではMoz Proを用いてのSEO戦略が解説されているので、教科書通りに進めていきたい人にはお勧めです。

参考 Moz Academy公式

13位 Majestic SEO

参考 Majestic SEO公式サイトMoz Pro公式サイト

上の二つに次いで被リンク調査ツールではTOP3に入る有名なサイトです。

TF(トラストフロー)やCF(サイテーションフロー)も数値化して出してくれるので、E-A-Tを確認するにはこれが一番よいかもしれません。

14位 Google Data Studio

数年前にリリースされた比較的新しいツールなのですが、Google Analyticsなどのデータから自由にレポートを作ることが出きる神ツールです。

最近は動作も軽くなってきたので素早くイケてるレポートが作れるようになりました。

参考 Google Data Studio公式サイト

15位 Googleキーワードプランナー

各キーワードの検索ボリュームを調べたり、類似するキーワード候補を教えてくれる神ツールです。

数年前からGoogle Adwordsで広告を買わないと正確な検索ボリュームを提示してくれなくなりました。

参考 Googleキーワードプランナー公式サイト

14位 Serposcope

無料で利用できるランクチェッカー。

キーワードを多く登録すると動作が不安定(スキャンする時にエラーが出やすい)になりますが、十分事足ります。

参考 Serposcope公式サイト

16位 Hotjar

最近のUX史上主義に伴って重要度が増した来たように思えます。

ユーザーがどこをクリックしたのか、どこまでスクロールしたのかなどを知ることができます。

割と効果なツールなので、大手の企業しか利用していないことが多いです。

参考 Hotjar公式サイト

17位 Keyword Tool

キーワードリサーチのツールとしてはTop3に入る知名度があります。

Google検索の「keyword tool」と検索すると1位に表示されます。

参考 Keyword Tool公式サイト

18位 アラマキジャケ

無料で、機能がシンプルなので、スマホでサクッと調べたいときなどに重宝します。

参考 Aramakijake公式サイト

19位 GuestPost Tracker

寄稿可能でドメインランクの高いメディアのリストを公開しているサイト。

機能的にはコンタクトの有無や記事の投稿履歴などを記録する感じです。

リストアップされているメディアサイトを見てみましたが、まともなサイトでした。

参考 GuestPost Tracker公式サイト

20位 Domain Authority Checker – SEO weather

あまり知名度はないですが、さくっとドメインランク&ページランクを調べることができるサイトです。

参考 Domain Authority Checker公式

21位 Search Latte

海外のサイトの、海外での検索順位を調べるときに利用します。

海外のサイトの検索順位を確認したり、英語のクエリでのSERPsを確認する時などに利用します。

参考 Search Latte公式サイト

22位 Crazy Egg

こちらもNeil Patel氏が提供するツールです。

使ったことはありませんが、ヒートマップツールでいうとHotjarとこちらの二つが有名。

参考 Crazy Egg公式サイト

23位 リストビルディング(メルマガ)用ポップアップツール

SEOのツールという観点から少し外れるかもしれませんが、デジタルマーケティングの視点からは重要なので紹介しておきます。

フォームを設置するためだけのために必要か?と思うかもしれませんが、ポップアップを自在にカスタマイズ出来たりとターゲティングによって出す出さないを設定できたりと、いろいろな高機能を備えています。

例えば、同じポップアップを3回以上見た人には出さない、など。

24位 Eメール配信ツール

リストビルディングのツールを紹介したので、ついでにEメール配信ツールも紹介しておきます。

» ConvertKit

海外では一番メジャーなサイトです。

まとめ

いろいろなSEOツールがありますが、好みなどもあるのでいろいろ試してみることをお勧めします。

もしもここに載っていないツールがあれば教えていただくると幸いです。

人気記事 2020年初心者向けSEO対策完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。